国会質問記事

赤嶺政賢のホームページへのリンク

九州沖縄民報へのリンク

水曜随想へのリンク

YouTube


リンク


categories

アーカイブス

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.11 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    20120131衆議院予算委員会 赤嶺議員が宜野湾市長選にかかわる内部告発を紹介。政府の見解をただしました

    0
       日本共産党の赤嶺政賢議員が衆議院予算委員会で1月31日に質問。沖縄県名護市辺野古への新基地建設に向けた環境影響評価(アセスメント)のを政府が郵送したことに強く抗議するとともに、2月12日投票の沖縄県宜野湾市長選にかかわって重大な内容の内部告発が寄せられた事を明らかにしました。
       内部告発によると、沖縄防衛局内で宜野湾市在住の職員や選挙権を有する親族を持つ職員のリストがつくられ、そのリストにある有権者を集めて、防衛局長の講話を、勤務時間中に講堂に集めて聞かせていたとされています。
       赤嶺議員は「国家権力による選挙への自由への不当な介入である」と厳しく批判し、総理の見解をただしました。


      緊急記者会見の様子


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.11 Wednesday
        • -
        • 12:52
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        これはひどい。権力による選挙介入。自民党以上に自民党的だという志位さんの指摘が当たっている。
        共産党だったら内部告発をキチン取り上げてくれるというのもうなずける。
        • 小俣
        • 2012/01/31 3:48 PM
        国会での追及に、報道各社が現地取材に入るなど社会問題化しつつあり、一石を投じた感あり
        今後、選挙への「権力による政治的圧力」の歯止めにつながることを期待している
        • 那古野
        • 2012/01/31 11:45 PM
        共産党に寄せられる生々しいスクープは沖縄や日本の未来を憂う必死の叫びです。ぜひとも不正を正して下さい‼‼

        今回の防衛施設局の余りにもヒドイ選挙介入に怒りデス!沖縄県民の見識とチカラは揺るぎません。

        • うえはら
        • 2012/02/01 8:01 AM
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2012/02/01 12:11 PM
        イハさん勝利で民主的で明るい沖縄・日本を!                    私は「宜野湾市長選挙は、沖縄を初め日本国に『核も基地もない平和な島々』を取り戻していく『要(かなめ)』になる選挙」と考えて、昨日第2回目の「伊波洋一沖縄県宜野湾市長候補への賛同者と支援カンパ」のメールを打ちました。
        その中で、「沖縄の革新勢力は、この選挙で自公勢力に宜野湾市政を奪還されれば、実質的に『県内移設ノー』の民意の一角が崩され普天間基地の閉鎖・返還の流れに大きな支障をきたすと考えている」と書きました。 
         その直後に、共産党赤嶺議員による「宜野湾市長選挙への国家権力による不当介入」追求の情報に接して、保守勢力のこの選挙にかける並々ならぬ気迫を感じました。
         私たちにとっても、負けられない選挙です。
        力の限り頑張りましょう!

        「伊波洋一さんを応援する本土の会」呼びかけ世話人 杉浦公昭
        今、1963年に発行された「27度線の沖縄」(牧瀬恒二しょ・新日本出版社)を読んでいます。随分前の本ですが、どれほどアメリカ、日本政府に沖縄の人が苦しめられてきたかわかります。その苦しめられていることは現在も続いています。赤嶺議員が沖縄の人に信頼され、なんとかして欲しいの声を取り上げていただいたのだと思います。赤嶺議員の奮闘、ありがとうございます。
         地元の中日新聞、2.1付けは民主主義の根幹に関わる問題を国会で取り上げたことは書かれていません。1面には出ていますが、宜野湾市長選に絡み職員調査をした、沖縄局長進退に波及のようなものです。 
         日本共産党の誠意ある態度に比べ、新聞報道に腹がたちました。朝、さっそく抗議の電話をしました。日本の民主主義が政府権力によって壊される重大ごと、その審議をした国会のことをなぜ書かないのか。日本共産党の赤嶺議員が質問し問いただしたのです。合わせて、九州電力のやらせメール問題でも中日新聞は日本共産党が国会で取り上げたことは書かかず抗議しました。
        • 伊藤春男
        • 2012/02/01 1:03 PM
        共産党にしかできない質問だと、あらためて拍手を送ります。

        それにしても許せないのは、野田首相が「許されない行為」だと発言しなかったこと。

        一夜明けて「特定候補への支持はお願いしていない」というコメントが報道されていますが、普天間基地の撤去が大きな争点になる市長選挙において、辺野古移設をゴリおししようとしている防衛局が「棄権しないでほしい」と講話したこと自体、投票誘導につながることは明白。引き続く追及に期待しています。
        • M.K
        • 2012/02/01 8:32 PM
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2012/02/10 12:31 PM
        コメントする